ソープ

Sexy girl in the office

ソープランドとは、店舗型風俗店の1つです。
□給料
ソープランドのお給料は、1本バックという歩合制です。1人のお客様の事を「1本」と数えます。接客時間は50分がスタンダードです。50分コースを1本着いた場合、お給料は8000円から1万です。バックの割合や給料システムは、店舗により異なります。しかし、基本的に、8000円からとなっています。この金額は、大衆店の指名等の料金を含んでいないものです。
指名料金は1000円から3000円が相場です。指名料金は多くの場合、全額が女性の取り分となります。また、オプションも何か道具などの店から備品が出ない場合は、女性が全額貰えることもあります。
□サービス内容
・バスルームバスルームでのプレイは、エアーマット、ローション、浴槽、スケベ椅子を使ったサービスを行います。エアーマットでは、ローションを使用し、男性に密着にして全身を使い男性をマッサージします。このマットプレイにハマる男性が多いです。スケベ椅子では後ろから手コキをしたり、前立腺マッサージをしたりします。浴槽では、浮力を利用したフェラチオを行います。バスルームで行うサービスには、技術が必要なので働いている女性同士の勉強会などもあります。
・ベッドルームベッドルームでは、玉舐め、フェラチオ、全身リップ、シックスナインなどを行います。本番行為は、法律で禁止されています。

デリバリーヘルス

Sexy girl sitting on the sofa

デリバリーヘルスとは、デリヘルの愛称で親しまれています。現在、デリヘルなどの派遣型風俗は日本で最も多く、約1万7000店舗存在しています。また、約30万人いると言われている風俗嬢の約8割がデリヘル嬢だと言われています。
□お給料
デリバリーヘルスのお給料は、基本的に歩合制となっています。しかし、保障給というものも存在します。保障給というのは、最低3万円は稼いでもらうなど、店舗が独自に決めている目標があります。その金額に届かなかった場合に貰えるのが保障給です。しかし、デリバリーヘルスの1本バックは8000円から1万円と高額です。ですから、保障給を下回ることは、殆どありません。デリヘルに勤めている女性の多くが、1日平均5万円以上は稼いでいます。
この金額には、指名料や延長料金、オプションのバックは含まれていません。指名料は1000円から3000円が相場となっています。指名料は、基本的に女性が全額受け取れます。
□接客時間
デリバリーヘルスで最も多い接客時間は、1本あたり50分となっています。その他、90分コースや120分のロングコースなどがあります。延長は、30分単位から受け付けている店舗が多いです。
接客時間が長ければ長いほど、利用者が支払う金額も高額になります。ですから、女性のお給料もロングコースの方が高くなっています。

メリット

Nude girl

風俗に勤めるメリットは幾つかあります。
・リアルタイムマネー風俗店の給料の支払い方法は、基本的に日払いです。ですから、働いたお金がその日のうちで手に入るのです。リアルタイムで合理的に、効率的に稼げることからアルバイトとしての人気も高いです。また、急な出費や支払いなどにも対応しています。
・自由出勤風俗店の出勤は、基本的に自由出勤となっています。出勤の予定は一週間ごとに確認は取りますが、何か事情がある場合、当日に欠勤になってもクビになることはありません。また、急な出費で突然出勤したくなったケースにも柔軟に対応してくれます。
□生理休暇
風俗店では、生理中は休暇を設けている店舗が殆どです。生理痛が激しい女性は、普通のアルバイトをするのは、厳しいですが風俗店では、そもそも休暇があるので心配は不要です。また、生理中だが、金欠で働かないといけない場合は、海綿を使用して出血を防ぎ勤務することも可能です。
□性感染症
風俗店のお仕事は、性感染症のリスクが高いイメージがあります。しかし、月に1度検査を受け、診断書を提出しないと出勤出来ない店舗もあります。デリバリーヘルスやソープランドの風俗では、グリンスという消毒液を使用し、男性のお客様が何か性感染症を持っていないか見分ける対策をしています。見た目に異常がなくても、男性利用者が痛みなどを訴えた場合、性感染症の疑いがあるので、サービスは行いません。

風俗

Girl taking off bras

色々な地域にある風俗店と同じように、吉原のソープ求人に応募してみましょう。指名を取ると、収入アップにつながります。

人気の風俗店を探す場合、地域で検索しますが、関西風俗求人情報も、関西地区で検索してみましょう。良いお店が見つかります。

風俗とは、2つの意味で用いられています。1つは、地域に伝わる風習です。2つめは、性的なサービスを行う店舗などの事を風俗と呼びます。
後者の風俗の歴史は、日本に風俗が定着したのは、江戸時代の遊郭がきっかけでした。江戸の遊郭には、遊女と呼ばれる女性たちが勤めていました。当時、家庭の事情や借金などの生活苦が原因で遊郭に勤めていました。ですから、現在のように、アルバイトとう概念はなく、遊女は専業の風俗嬢だったのです。
遊郭は、江戸近辺で暮らす男性たちの憧れの的でした。遊女は、美意識、仕事に対する意識が高く、一般の女性とは異なる魅力を持っていたのです。また、利用料金がとても高く、一般の男性には手の届かない存在でした。遊郭で遊べる男性は、裕福な男性ばかりでした。経済力のある男性しか遊べない場所でした。
□現在
現在の日本には、約30万人の女性が風俗で働いているとされています。30万人の中には、遊女のような専業ではなく、アルバイトが多いとされています。彼女たちは、1ヶ月に10日前後の出勤日数で30万円以上をアルバイトで稼いでいるのです。
□求人
アルバイトの求人情報は、インターネットや紙の求人雑誌があります。紙媒体の求人情報は、1週間に1度発刊されています。インターネットの求人情報サイトでは常に情報が更新されています。紙媒体のメリットは、めぼしいお店の求人が消えないところにあります。一方でインターネットの求人情報の強みは、幅広いエリアをカバーし、検索機能などに長けているところです。
インターネットの求人情報では、エリア・地域、待遇、給与形態、サービス内容などの条件で絞り込み検索機能があるものもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加